【閉店】中華街の「王朝」で本場タンタン麺

東門の近くにある担々麺屋さん。
金ピカチャンピオンでお馴染み「皇朝」のお店ね。

そもそも担々麺がなぜ五穀豊穣を体現するのか?
トンデモっぽい学者とのコラボというのも渋いよな。

さておき、お店は入ってすぐにカウンターもあり、
ラーメン屋感覚でピン客でも気さくに入れるような感じ。

ランチ時は満席とはいかないまでも、
そこそこの客の入りだったな。

その後、紆余曲折あったのか、担々麺専科というわけではなく、
お料理系も出しているみたいなので、
普通のお食事用に使ってもいいんだろうね。

本当は看板の担々麺を食べるべきなんだろうけど、
汁なし麺大好きっ子の私としては、こっちだよね。

本場ということだけど、
正宗というよりはアレンジ担々麺という感じ。

甘辛胡麻な肉味噌はけっこうもったりな仕上がりで、
キューブ状のしいたけの風味が特徴的よ。

辛さも選べ、コレは教授というけっこう辛いクラス。
でも、そんなに辛くないのよ。

辛味でも、酸味でもいいんだけど
今少し、キレがあるとなおいいんだけどね。

わかめを練りこんだという麺は太くてほの緑色。
デフォでついてくるスープは真面目な味でそこそこおいしいよ。

近年増えているというライトなお客向けの
気軽な麺専科ってコンセプトは正解だと思うんだけど、
健康に良いというポイントやお味のアピールはちょい弱いよね。

この担々麺だけで売っていける気はしないなぁ。

チャンピオンブランドで値段は若干高めの設定。
また行きたいかと問われると微妙だね。