【閉店】中華街の「ニューベトナム」で豚肉とパインとセロリの炒め

市場通りの外れにできたのお店。

ベトナム料理店ができた!って、沸き立つのはごくごく一部だけだよな。

ここは中華街だもんな!

かくいう私は・・・密かに楽しみにしていたクチ。

ここは以前は台湾屋台料理屋だったテナントなんだけど、
カウンターを取っ払って、小奇麗になってたわ。
ただ、4×3卓のみで、キャパは少ないよ。

一般のランチタイムをチョイ外れてたので、お客は私一人だった。

出迎えるお店側は3人体制で、
華僑っぽいレジのオッサンと、お姉さんとコックさん。
後ろの2人にはベトナムっぽく話してたので、そっちの人なんだろうな。

メニューはお料理中心で、麺飯は多くありません。
これは!つー珍しいもんも目に止まらなかったな。

一皿の値段は中華街の中小店と同じくらいかと。

ランチはフォーと日替わりの2種類用意されてました。

しかし、大事な顔見せウィークに、
よりによって、セロリとパインという、
嫌われ素材ツートップを持ってくるとは闘士だよな!

もちろん、大抵のものはたいらげるデブにとっては無問題であります。

ニョクマムを使って、それっぽい香りとコク。
パインのさっぱりもありますが、そんなにヘビーな感じはなく、
だいぶ食べやすい仕上がりかな。

ベトナムというか南国中華料理といっても、あんまり違和感はありませんね。
だからこそ、向こう風のご飯のチープな匂いが気になります。

ランチ定食にはシンプルな生春巻きとピクルスがつきます。

ベトナムらしくドリンクはハス茶も選べ、大きなグラスにタップリとやってきました。
私はこれが大好きなのでちょっと嬉しかったわ。

これだけではまだ情報不足なんだけど、
なんとなくベトナムファンが遠くから目指す感じではないかも。

ただ、中華に飽きた界隈のリーマンにとっては、
変化球の選択肢にはなるなんじゃなかろうかと思うな。

カスタムフィールド