中華街の「大新園」で皮付き豚バラ肉の醤油煮込み

関帝廟通りにある上海料理店。

茹で上げたワンタンが名物な他、
ランチもしみじみうまいという評判。

でも、夜には入ったことはなかったなと。

お店はあまり主張せず、地味な佇まい。
きっと、自分ちのビルでボチボチ営業なんだろうなぁという先入観よ。

入ってみたら、ほぼ満席の盛況ぶりでちょい驚く。

酒席のオヤジが調子に乗ってフィーバーしてるとこで参ったわ。
まぁ、連休だったけどさ、いい歳ぶっこいて、ハメ外すよな!

メニューはごくごくオーソドックス。
これといって特徴が無い感じだったな。
お値段もソコソコだし、これでワンタンが無かったら埋没してそう。

お茶は別料金で、サービスは雑だな。

まずは看板に書いてあったイカねぎから。

光速の供給スピードはいいんだが、
やけにしょっぱく、ケミカルファイアーな大衆味で、野毛よりゲスい仕上がり。
これを食べるだけで、その後の印象は決まってしまったなって感じ。

名物のつけワンタン。

ワンタンというとスープに入ってるのが常だけど、
茹で上げたものをタレで食うのは珍しいよね。

後々まで残るのはチュルンとした食感のイメージ。

オススメの皮付き豚バラ肉の醤油煮込み。

コッテリとした餡にたっぷりサイズのばら肉がベロン。
よく煮えていて、口に入れると、脂身がスッと解けてくよ!

これは旨いな!

花巻をつけることも可能。
この花巻もふんわりおいしいよ。

この場合、サンドすんのが定番だと思うけど、
個人的には別々に食べた方が、それぞれのお味を楽しめると思うんだ。

牛ばらそば。

気さくなお味ながら、
お肉がゴロゴロ入ってて、好感が持てる。

パイコー麺も肉デカっ!

麺は適度に歯ごたえを残していて、
これもまたとっつきやすい旨さだわ。

本格お料理系を色々攻めてみたい奥行きは感じないのだけど、
わんたんと具ものの汁そばの組み合わせは大衆的な満足感があるんじゃね。