中華街の「三和楼」で特製味噌のイカ炒め

スポンサーリンク

関帝廟通りにある上海料理店。

久々に入ってみましたよ。

昭和37年創業ということで、すんげー古くはないお店ですが、私などの若輩世代は昔から目にしており、ほっとする存在です。

お料理については、決して強く押し出しては来ません。

ただ、観光月次に堕せず、海老のロンジン炒めや排骨、上海蟹の諸々など、それっぽさを大事にしている印象があります。老バイプレーヤーってイメージかな?

旧来のお店らしく、やはり肝っ玉女将がお店を守っておられますが、二軒隣の某焼売屋と違って怖い対応はないから、安心してとっついてください。

ランチ定食については、定番料理が多く、物珍しいものがでてくるお店ではありません。そのあたりも旧店らしいです。

特徴はワンタンスープがつくところかな。

日々流転するこの町では、そういうお決まり的な存在がちょっと嬉しく感じます。

ただ、このワンタン目当てにって感じではありません。あくまで脇役。具はちょろりで皮のピロピロを食う感じ。スープもじんわりな味わいです。

この日は特製味噌ってのが気になって、イカ炒めにしてみましたよ。

うん、甜麺醤。

やや粉っぽい仕上がりで、お味についても、どのへんが特製なのか、よく分かんなかったのですが、ランチとしては手堅く、普通に満足できるものでしたよ。

漬物はしっかり塩を抜いたザーサイがたっぷり付きます。

デザートは愛玉子ね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました