中華街の「杜記」で四川燃麺

香港路と市場通りをつなぐほっそい路地にあるお店。

週末などは、超絶混雑するようになった中華街ですが、
エッジの効いた辛いお料理を、気さくに堪能できる穴場店ですよね。

刀削麺のお店ということでカウンター席が中心になっており、
決して、ゆったりお食事できる環境ではありません。

でも、麺飯をズルっと喰ってさっと出てくる使い方ができるお店は、
中華街でもそう多くないような気がするので、貴重だと思います。
修学旅行生なぞはここで喰っていって欲しいな!

実は麺だけでなく、本格四川料理も魅力で、
根を張る覚悟のある方々には相応のリターンが待っています。

四川燃麺は”激辛燃える油麺”という冠がついていますが、
辛く炒めた挽肉が乗った混ぜ刀削麺であります。

ぶっとい麺に負けないほどの個性が楽しめ、大人気のメニューとなりましたが、
久々に食って、あれ、こんなのだったかなというパワーダウンです。

辛味もそれほどではなくなりましたし、無駄にモッタリ油っぽい。
漬物というか発酵味がイマイチでキレがなくなりましたな。

たまたまハズレただけかもしんないけどな。
そもそも今は亡き別館の方で喰っただけなので、
やっぱ本店のそれはちょっと違うのかもしれません。

辛い舌を休めるスーラーなスープ付きですが、
これだけソッコーで出てきたのですっかりヌルまっています。

こちらは麻辣麺。

燃麺とかぶるかなと心配したんだけど、
同じような挽肉でもあんかけチック、にんにく風味でちょい違ったわ。

汁そばのベースにほんのり野味があって、こっちの方が好きだな。

辛いのが苦手な人は焼き刀削麺もアリだよな。

もっとも、一人一皿で満腹必至のような
けっこうなボリュームでありますよ。

刀削麺類はやたらボリュームあるので、
シェアしないパティーンでは、他にお料理まで入る余地はないのです。

せいぜい餃子、かろうじて餃子なのでありますが、
中華街って、そもそも焼餃子旨いお店、あんま無いじゃん。

ここのも特に期待して無かったんだけど、
なんか推して書いてあったので、けっこうイケたのでご報告です。

お汁がビュッとして、なかなか旨かったよ!