中華街の「川味」で豚肉のマーラー風炒め

スポンサーリンク

香港路にできた四川料理店。

変わらない「安記」のお隣で、お店がコロコロ入れ変わっていた場所ですね。

今や、中華街でもそんなに珍しくはなくなっている麻辣な四川料理店。しかも、ここはお向かいも四川麻婆豆腐のお店だっつーわけで、観光の皆さんがお店選びを迷うのも仕方のない話よ。

噂によると伊勢佐木町「杜記」のコックさんを招いたお店なんだそうな。ランチも含め、メニュー的にもけっこう似た部分が見えます。

なら、 杜記でいいじゃんとか、伊勢佐木町でいいじゃんとか、そういう展開にもなりますが、それはそれ。好みのランチが見えたとこに入ればいいのです。

豚肉のマーラー風炒めです。

マーラー風とはなんぞ? 甘辛な豚肉炒めに麻と辣をヒリリ効かせたお料理でした。

伊勢佐木町で悪い客層に揉まれたせいか、お料理はやや大衆的で、油や塩が強めの塩梅です。ただ、一方で間違いなく白飯を消費させるチューンでもあって、飢えた男子は好むかもしれませんね。

接客等も頑張っており、小さな新店を盛り上げてる気持ちは伝わってきます。

刀削麺も扱ってて、燃麺も見えたから、今度食べこよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました