【改名】 中華街の「杜記別館」で四川燃麺ランチ

スポンサーリンク

中山路にある四川料理のお店。
ネットでランチが話題になっていたので、しばらくぶりの訪問よ。

グランドメニューも変わった印象で、
本格っぽい四川料理や、面白い麺類などが揃ってて、値も手頃。
良い感じのお店になっていたわ。

090310-002

燃麺はいわゆる汁無し麺なのよ。
クニッとした手打ち風の麺に、ひき肉やら芽菜の漬物やらナッツやらのパラパラがかかってて、
これを豪快に混ぜ混ぜしていただくもの。

初めはくどき文句のように甘い口当たりなんだけど、
やっぱ四川のもんだけあって、次第に恐ろしい辛味が牙を剥く!

香味油の香りも良くて、私はこういうのが大好きよ!
こりゃ旨いわ!おそらくハマると思うよ!

090310-003

スープは鳥の香りのするちゃんとしたもの。
豆腐のみのシンプルな具だが、舌の炎上を癒すにはちょうどよいね。

小籠包は汁っ気はあるんだが、下品な臭いがして旨くなかった。
昔は名物だったんだけど、ランチの遅い時間だったからかな?

燃麺のパラパラがかなり余るので、むしろ白飯をぶっこんで食いたかったなぁ~
あと口内を甘くさわやかに癒す杏仁とかさ!
注文すれば追加できるみたいだけどね。

いや、とても魅力的なメニューなのでお試しアレ!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました