中華街の「杜記」で鴨スモーク四川風つけ刀削麺、熱干麺

香港路と市場通りをつなぐ路地にある刀削麺のお店。

皆様の食べてる夏麺がすげーおいしそうでさ!

中華街に観光で来た際に、
それっぽさを楽しめる場所として、オススメできるお店だね。

カウンター中心の細長いお店で、
刀削麺とつまみをちゃちゃっと食べていくような気取らないスタイル。

お料理は姉妹店の方が多く扱ってるんだけど、こちらでも幾つかラインナップされており、
少ないながらも本格的な四川の風を感じることが出来る侮れない内容。

それ目当てに来るお客さんも、ガチな中国系が多いような印象かな。

通しなので、ランチ時を外した時なんかにも便利に使えるよ。

冷やした刀削麺は初めてかも!

なんかね、田舎の方の饂飩みたいな、
ガッシリとした歯ごたえで、これはこれで全く違和感ないよ。

つけダレはほんのりニンニクの香るピリ辛味で、
それぞれ下品に突出せず、上手いこと丸くまとまった印象。

つけ麺スタイルが面倒になったら、
ぶっかけチャイナって小姐が言ってたわ。

具も豪華に色々乗ってるけど、
やっぱ品名にもついてる鴨が柔らかくジューシィで旨いわ。

もう一つの冷やし汁そばタイプもいずれ食べてみたいな。

メニューを見てて、気になったのが熱干麺。

こちらの傑作メニューである燃麺と同じページに、
ほとんど変わらないようなルックスで載っててさ、
いったいどんな違いがあるのかと再び食べに寄ってみたんだ。

出てきたものは茹で上げた刀削麺を使い、
香菜と豚バラ煮を具にした、甘辛ほの酸っぱい和え麺。

中太麺を使い、ひき肉漬物炒めを具にした激辛な燃麺よりも、
辛さはだいぶ抑えめで、後味もさっぱりして、食べやすいかもね。

でも、どっちか選ぶなら燃麺だな!