中華街の「北京烤鴨店」で北京ダッグの骨

市場通りにある北京ダック専門店。

つか、食べ放題店なのかな?

店先にずらり吊るされたダッグが壮観なんだけど、
いかにもな観光店の体裁なので、イマイチ食指が動かなかったお店です。

でもね、ずっと気になってたんだよ。

骨が!

店内で大量に消費されるであろう北京ダッグの肉を落としたもんで、
これでスープを取ってくれっつって、さり気なく売ってやがるんだよな。
あとは脚とか手羽とかもね。

私こういう貧乏なもんが大好き!

入り口脇の焼場のニーチャンに骨ちょーだいって頼むと
ビニール袋にボコボコ入れて渡してくれます。

これが思ったよりもデカくズッシリしてやがる!
この日はクソ安かったので、2羽分買っちゃったけど、多すぎたわ。

それなりにお肉もついており、
メイン以外の皮もついており、炙ってカリカリにして、
甘いタレを掛けて食べることもまぁ出来なくはない感じです。
旨いかどうか聞かれると、旨くはないのですが・・・

ただ、スープはしっかり取れますよ!

一瞬、これでお雑煮・・・って思ったのですが

やはり、鶏や鴨と違って、
ダッグ独特の風味を纏っているため、
白菜やネギしょうがなどを入れて中華スープにするのが良さそうです。

まぁ、面白い買い物だと思います。