中華街の「重慶飯店」で重慶肉まん、中華あんまん

スポンサーリンク

横浜中華街四大ブランドの一角。
お土産売り場だけでも、いくつも展開しているよね。

このくらいの規模の大店では、
点心をチマチマとお店の厨房で仕込むようなことはせず、
デッカイ工場でバンバン生産しているわけです。

地元民として、なんとなく味気ないと思う部分もあるのですが、
日持ち等の問題も考慮すると、お土産にするには便利だったりしますよね。

肉まんは干しエビ風味。

お肉はみっちり練られていますが、
背脂が入って、ブリンとした歯ごたえのアクセントがありますね。

うん、なかなか、おいしいと思います。

あんまんに関しては、クセのないオーソドックスなタイプ。
こちらの地味な評価ポイントは、肉まんよりも一回り小さいこと。

やっぱさ、肉まんもあんまんも両方食べたいじゃん!

中華街の中華饅頭って、基本的に巨大なので、
メタボでも2個食べると超満腹になっちゃうんだよね。

あんまんは一歩下がった、小ぶりなサイズがほど良いと思うんだ。

どちらも保存品なので、皮が今ひとつなんだけど、
お土産にに貰って、ガッカリはしないクオリティだと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました