中華街の「紅綿」で杏仁豆腐

スポンサーリンク

関帝廟通りにある中華菓子のお店。

中華街には家内手作りの菓子店がいくつかありますが、こちらも定番の一店ですね。

地元の人はどうやって贔屓の菓子店を選んでいるのかなぁと不思議に思うこともあります。それぞれに看板商品はありますが、店頭に並ぶ商品のラインナップやお味の個性などは、ガラリと変わるようなものでもないからね。

もしかしたら、食べ比べの結果というよりは、人の縁の遠近でもって繋がっている面もあるのかもしれませんね。

個人的には、秋から冬にかけての季節に摘みたくなる中華菓子でありますが、夏に立ち寄るとしたらこちらの「紅綿」が一押しです。

なぜなら、手作りの杏仁豆腐とマンゴープリンを店頭販売しているからなんですね!

トロむち滑らかな杏仁豆腐には柑橘のジュレをのせ、さっぱりな後口。我々が普段口にしているデザートに比べると、香りや甘みはだいぶ柔らかな仕上がりです。

とかく鬼カロリーで知られる中華菓子ですが、イメージとは裏腹に、調味においては背徳が過ぎないのが、元来の感覚なのかもしれないなと感じたり。

こと、こちらのお店の商品は、月餅にしても馬拉糕にしても、過剰な糖や脂を感じない、優しさや真面目さが特徴だと思います。

コメント一覧

  1. ここはおばさんの感じがいいし、
    横のスペースには座って食べられるようにベンチもあるし、
    昔から好きな店です。

  2. >酔華さん
    だいぶ涼しくなってきたので、次回は中華まんかな~

タイトルとURLをコピーしました