中華街の「同發売店」で金柑蜜煮

スポンサーリンク

大通りにある同發の売店。

生生流転の中華街の中では、時の止まったような感のあるお店ですが、イートイン喫茶同様にひっそりと面白い品をならべています。

この時は春節の縁起物として金柑の蜜煮をパック販売してたのよ。

ホントは大根の酢漬けとの合盛りにしたパックがおいしそうだったんだけど、うちのおばばがあたしゃ噛めないよ的な言いがかりをつけるので、泣く泣く金柑だけにしました。

ツヤツヤに蜜煮された金柑がいい色合いですね。

ヨーグルトに乗せて食べちゃったので、風情は出なかったけど、お味も風味も良く、おいしかったよ。

伍仁夾心餅の耳をみつけました!

もち米粉で固めた五目ナッツをソフトなクッキーでサンドしたお菓子よね。

その切れ端だけを集めたこちらの商品は、アウトレット品が大好きな私の心をくすぐる品。

厚手の皮はざっくりせず、湿気てるのかよってくらいのソフトな口当たり。ナッツのコクと控えめな甘み。やっぱり豚脂が入ってるせいか、独特の風味があって、異国情緒です。

お味はそれほど強くないのですが、カロリーはきっちり付与してくる困ったやつですね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました