中華街の「菜香新館」で肉包、叉焼包、馬拉糕

スポンサーリンク

レジ脇のお土産コーナーで買ってきました。

中華な食品サンプルとか、月餅の型とか、誰が買うんじゃいと思う商品も置いてあって楽しいのよね。

中華街では中くらいのサイズの肉まんです。

具は塩味ベースで、肉の他にキャベツやしいたけが入り、ベーシックな味わい。個人的には「耀盛號」に売ってた甘味噌味の阿媽肉包の方が好きだったんだけど、もう売ってないんだよな。

今回は甘み役としてチャーシューまんを登用。サイズは程よい小ぶりだし、お味的にもあんまん代わりのチャーシューまんて選択はアリかもしれん。

ところで皆さん、チャーシュまんてどう思うよ? 手間かけて焼いた叉焼を具にする必要ある? 贅沢すぎません? ほぼ叉焼醤のお味なんだから、角切りブタでも良いんじゃねって思うんだけど、やっぱ香ばしさが違うのかしら?

店内で供されている手頃値のお茶も販売中。

ほんのり酸味があって、あと切れの良いお味ですね。

もちろん、悟空に行けばもっと良いお茶もたくさんありますけど、食事のお供には丁度いいと思うな。

「菜香」のお土産といえばマーライコー!

作り手が変わって以降はうんぬんんという話も聞きますけれど、個人的には中華街ベストマーライコーなのであります。

しっとりとして、カロリーがじゅわり、ほんのりと口内に広がる卵の香。

要冷蔵ということですが、どの温度で喰うかでも、微妙に印象が変わりますよね。

蒸すのは面倒だけど、せめて室温に戻してからがおいしいと思うよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました