中華街の「聘珍茶寮」で海鮮肉包、黒胡麻あんまん

スポンサーリンク

大通りにあるお土産売店。

横浜市民を震撼させた「聘珍樓」閉店の報。

諸々の負債を切り離した形なんでしょうが、よりによって由緒ある本店におっかぶせる選択は、我々にはイマイチ理解できない感覚なのであります。

その後、店舗跡には未だに入居者が現れませんし、新本店を模索する動きも見えません。

一方で、中華街大通り入口脇の一等地に、なんともビミョーなファスト店は維持しており、むしろここがいらねーだろって思ったりもしますよね。

百貨店等への展開は「香港聘珍楼」の名義なんでしたっけか?

こちらで扱うお土産品も同じラインで製造されているのだと思いますが、お饅頭の製造は千葉の「栄進フーズ」の系列に委託しているようなのです。

中華街の中でも特に高級な部類に入る商品なのに、自社の工場で作らんようになっているのかと思うと、なんだかなーって感じです。

「聘珍樓」の肉まんはシャクシャクなクワイのアクセントが特徴。

今回はエビが丸ごと入るという海鮮肉まんを気張ってみたのですが、エビちっさ!

一応、甲殻と貝のほんのり甘い味わいに、コショーが香る仕上がりで、そこそこっちゃ、そこそこ。ただ、決めの細かいホワ皮を、やや負担に感じるくらいのバランスで、いまいちっちゃ、いまいちでもあります。やはり、あとは引かないな。 

黒ごまあんの方はややこぶりなちょうどいいサイズ。あんの中のごまがプチプチして、こっちはまぁフツーにイケるお味です。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました