中華街の「翆香園」で中華菓子

市場通りにある広東料理のお店。

今回は手前の売店の方のお話な。

中華街らしいお土産を探す際、
まず思い浮かぶのは中華菓子だよね。

大通りをちょっと歩けば、
いろんな商品が目に入ってくると思うのだけど、
あえて路地に入ってみて欲しい!

地元で昔からお菓子の評判が高いのはこちら。

今はチョイ高級なお料理屋さんもやっているのだけど、
元々はお菓子のほうがメインで、確か中華街初のお菓子屋さんだったお店だよね。

店に入っての対面販売だから、やや敷居の高さはあるのだけど、
お菓子はひとつからでも購入可能。

値段も手頃なので、安心して入ってみてね。

黒餡とココナツ餡の月餅が入った盛り合わせ。
ほどよい価格の割に充実度は高いと思う。

とりどりのお菓子は異国文化の珍しさを感じつつも、
我々が普通に違和感なく食べられるおいしさ。

最近、どこの中華菓子が旨いのか、
気をつけて食べてみているのだけど、
やはり、ここの商品は良い感じだ。

お菓子としておいしいのはもとより、
さり気なく、他所にはないそれっぽさが漂っているんだよね。

やはり老舗ののれんは伊達じゃねーなと思うよ。

いろんな木の実が入っている焼き菓子、玉帯糕が名物だけど、
それに拘る必要はないと思う。

どれも上品においしいので、
いろんな種類を買ってみた方が楽しいと思うよ。

卵の風味が楽しめるマーライコーもいい感じ。

大手と違って、脱酸素剤入れてパックしたりはしてないけど、
中華菓子は比較的日持ちもするし、お土産には問題ないと思う。

箱詰め意外にもお得なパック袋商品や中華まんのお土産もアリ。

ぜひ立ち寄ってみてほしいな!

レクタン大