中華街の「ちまき屋」で肉粽

上海路の路地裏にある台湾ちまき屋さん。

元々は浜マーケットに出店してたお店らしいね。

店舗はこの路地の奥・・・

お店というか、家というか。
昔、裏店で自家用のもんを分けてもらってたような風情。

なにせご覧のようなロケーションなので、
知る人ぞ知る的なマニアック店になるんだろうなと思っていたの。

でも、最近はメディアに取り上げられたりで、けっこう人気らしく、
週末などは売り切れで買えない日もあって、驚いたわ。

夜は居酒屋にもなるらしいけど、
昼間は厨房脇の小窓から注文するんだ。

優しげなお兄さんが丁寧に対応してくれるから怖がらないでダイジョブ!

ちまきの他に魯肉飯とかのテイクアウトも出来るみたい。
値段も手頃だよ。

ちまきって、普段は蒸して温めてるのだけど、
ここのは茹でてくれって言われたんだ。初めて!台湾ではそうなの?

水っぽくなるんじゃないかと心配したんだが、ぜんぜん大丈夫だった。
茹で上がりはもっちりお餅のような食感。

香料なんかは特徴的に主張せず、
我々でもモリモリ抵抗なく食べ進められるおいしさ。

程よい塩気で、日々食べ飽きない系ってやつかな?
派手なインパクトはないんだけど、なぜか好感持っちゃうお味。

脂身がとろける豚とか、しいたけとかの具もイイ感じで、
特に大振りな落花生がコクと風味の良いアクセントになってて、もう抱きしめたい気分よ!

ちまきには2種類サイズが有り、これはレギュラーサイズ。
けっこうたっぷりなので、女子ならこれ一個で一食賄えるんじゃなかろうか。

もちろんデブは汁代わりの半ラーメンが欲しいとこだけどね!

腸詰なんかもおいしそうだったんだけど、
やっぱ品切れだったので、次回に期待しようと思う。

コメント

  1. みちょ より:

    浜マーケット時代に何度か買いに行きました(o^^o)レギュラーでもだいぶ大きかったです。しっかりお腹にたまるし、美味しいちまきでしたー。今のお店も行ってみたいな~。

  2. さのやなぎ より:

    台湾では、台中、台南、高雄あたりでは「ゆで」が標準です.
    所謂内省人達です.そもそもの作り方が違うようです.
    私も「ゆで派」です.
    山下町公園前で屋台販売してたおばさん(客家人)も
    「ゆで」ですね.

    ちなみにこの路地裏の台湾ちまき屋さんは、伝説の台湾居酒屋
    「真澄」さんの息子さんらしいです.

  3. 管理人 より:

    >みちょさん
    ぜひぜひ。
    お店の体裁もかえって面白いし、
    中華街の良いおみやげになりそうですね。

  4. 管理人 より:

    >さのやなぎさん
    さすがさすがの情報ですね!
    ゆで流の作り方ってどういうもんなんだろう?
    煮汁で軽く煮た生もち米を詰めるだけではないのか?
    ところで、公園の前の婆さんのって旨いんですか?
    買ってみたい気持ちの前に、大丈夫なもんかなって警戒があって・・・

  5. てっつん より:

    「夜の居酒屋しばらく休みで2月の半ば過ぎにでも再開しようかと考え中・・・」って言ってましたよ。なんでも年末に赤ん坊が生まれて落ちつくまでは無理って事らしいです。
    話の雰囲気だと、店(小窓のちまき売り部分+居酒屋部分)のつづきが住まいかなあ・・・、っと思われます。

  6. 管理人 より:

    >てっつんさん
    喜ばしい休業理由ですね!
    赤ちゃん最優先でいいと思う!