中華街の「漢亭序」でCセット

スポンサーリンク

西門通りにある中華カフェ。

元は「福養軒」が営業していた場所ですね。

今年の頭に開店して早々に、コロナの渦へ飲み込まれてしまった気の毒なお店です。

一時期、中華街をも席巻したタピオカ店の後発組となりますよ。それでも、あの頃はまだブームの後ろ髪をつかめていた状況だったからなぁ。

他と違うのは、スタンドではなく、屋内で座って飲めるカフェであるところ。トッピングをモリモリにして、複数人でシェアすることもできるタピオカ鍋を看板商品に、映えを狙っていたんだけどな。

それも浸透するには至らず、中華街に人出が戻りだした昨今も閑古鳥が続いているご様子です。関係者と思しき中華の若人たちが集うスマホゲーム室になっているような状況よ。

こちらは、よく見ると、タピオカ以外のカフェメニューが面白くて、台湾で人気という髒髒包や胡蝶酥、爆弾ごま団子など、食べてみたいものがいくつか見つかります。まぁそれもクオリティ次第なんだけどね。

横浜中華街では、まだまだ珍しい西安の名物、肉夾饃も扱っています。

円盤パンに煮豚のほぐし身がたっぷり詰まって、なかなかパンチのあるルックス。

お味も普通にイケますよ。ただ紙の底に油がたっぷり溜まるくらいなので、たらさないよう気をつけながら食べましょうね。ちなみに向こう式のパンが、モッソリと水分を奪う系なので、この油に浸しながら食べるくらいがちょうどよいです。

Cセットはロージャーモーとワンタンのセット。

ワンタンは自家製らしく、わざわざ漢亭序ワンタンを名乗っています。

大ぶりでちょっと硬いくらいのしっかり皮。餡には肉のほか海老とコーンが入り、どことなく家庭っぽさも漂いますが、これは目当てになるようなもんじゃないかもね。

なお、スープはお湯っぽいものでした。

オレンジのフルーツティーは、昔なつかし昭和なお米屋さん飲料のチープ味。

量はたっぷりですが、ドリンク方面も期待できないかなぁ。

メニューがフォトブック的な手作りだったり、中華衣装の貸し出しなんかも手掛けていたり、若い感性で色々チャレンジしている部分は見えますが、コアなコンピタンスをもう一度見直したいところです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました