中華街の「同發 新館イートイン」でかぼちゃのおやき

大通りにある同發の新館。

改装工事が終わって、
かなり気さくなお茶処があらわれました。

建物はゴージャスだけど、イスやテーブルの体裁はチープ。

がんばって客引きしてる割に反応は芳しくないのかな。
週末でもお客が少ないのが功を奏して、ゆっくりは出来ます。

まずは入ってすぐのカウンターで注文。
プラ盆に乗ったティーバック茶を渡されるファストフード形式よ。

ただ、茶菓子の点心類は同發の厨房が腕によりをかけた?
レストランと同じ物が食べられるってのがウリみたいなんだ。

たぶん、お隣の売店の試食の意味もあるのかな?

値段も立ち食い感覚だし、
好みのものを一個単位でちょこちょこ選べるシステムはいいよね。

かぼちゃのおやきは、
むっちりとした皮に、まったり洋風なかぼちゃ餡。
表面をちょいと焦がして甘香ばしさを演出してるよ。

エビとニラ入り焼きお餅もカリ焼き。
プリッとしたエビの食感と、チョイ濃いめの味付け。

点心やスイーツは、基本的に冷蔵庫やウォーマーに入っているのを選ぶんだけど、
これら2品はいちいち注文後に焼きあげる平日限定の商品なんだって。

同發ということで、チャーシューパイも頼んでみた。

お肉はごくごくごくごく細切りで、
正直、どこのチャーシューかはわからん状態。
これはむしろチャーシューダレの甘辛を楽しむ感じだね。

それぞれ、お茶菓子として出てきたらちょっと嬉しいもので、決して悪くはないよ。
ただ、この簡易な体裁でだいぶ印象を下げている気もする。

せめて、お皿に盛ってくれればなぁと思うよ。
今時、ミスドですら皿とマグ出すんだから。

とりあえず、今のままでは全然儲かんないし、
先も長くないかなという気もするぞ。

少なくとも大店がメインストリートでやる商売ではないわな。

カスタムフィールド