ジョイナスの「カレーハウス リオ」でシシカバライス

スポンサーリンク

地下鉄改札のすぐ近くに移転したカレースタンド。

涙の閉店劇はなんだったのか!

他所様に広く名を馳せるほどのお味ではないのですが、
日常風景の中から消えてしまうとちょっと寂しいお店ですね。

カレースタンドの常として、お客はヤローやオッサンばっかし。

でも、前より場所も良くなったし、
お店も綺麗で、気持よくカレーを流し込めそうな雰囲気です。

さて、今回初めて頼んだ、シシカバライスです。

”おためしメニュー”という表記がついてますが、
いつからラインナップされているのか、定かではありません。

わざわざカレーハウスに入って、
カレーを食わない選択肢なんて無かろうよ!

普段、カレーばっかの常連が、
ある日、魔が差して、うっかり頼んでしまうような
イレギュラーメニューかと思います。

”シシカバ”といえば、おそらくシシカバブ=トルコ。
そして、カツの乗ったケチャップライスにデミソース。

命名者がキン肉マンファンでなければ、
ここにも失われた東横系トルコライスの痕跡が伺えます。

なお、お味はイマイチ!

ライスはナポリタンリゾットのごとく、
ウエットな仕上がりで、とにかく酸っぱいです。

本来はカツをさっぱり食わす、好相性になるのですが、
ヘラヘラなカツもヌルくて、ライスの強さを受けきれません。

まぁ歴史に埋もれちゃうよな。

値段も無駄にハイクラスだし、
ここは黙って半スパカレーが正解みたいです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました