横浜駅の「ザ・ロイヤルカフェ横浜」で横浜水信のフルーツサンド

東急の横浜駅に出来た喫茶室。

西武系のやっすいカフェテリアではありませんよ。

伊豆急の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」とコラボしたお店なんだってさ。
ちなみにカフェの隣には乗客者専用のラウンジも併設されていましたね。

なんでこんなとこにと不思議に思ったのですが、伊豆急は東急のグループ企業で、この列車は横浜と下田を結ぶ高級観光列車みたいなんだわ。

ええや~ん。
車内でおいしいお食事も出るみたいだし、かっこいいや~ん。

どれどれ、気晴らしに伊豆にでも行ってみるかなと、申込のページを開いて・・・値段が目に入って・・・そのままウィンドウごと閉じたナウであります。

カフェの方は我々一般庶民も利用が可能。
列車同様、高級感漂う作りになっており、どこぞのホテルの施設みたい。

ただ、お店がどこにあるのかも含め、認知度はいまいち低いせいか、ガラガラでもったいないの!

価格もとっつきやすい範囲なので、穴場の休憩所として是非利用してほしいな。

メニューは多くはありません。
ドリンクの他、パン、スープ、若干の甘いもの。

伊豆急のカフェなので、伊豆の食材を使ったメニューかなと思いきや、なぜか大分の「方寸」というお店がプロデュースしたものが出てくるようです。

横浜からも水信がフルーツサンドを卸しているようで、今回はそれにしてみました。
デブの小腹がぺこちゃんだと、クロワッサンなんかじゃ足りねーもんな!

なお、フルーツサンドは冷蔵ケースに作り置き。
細かくカットされた果物を散りばめた、食味優先タイプです。

もっとも、今時フルーツサンド頼むような奴はインスタ映えしか気にしないからな!
そういった意味では、盛り付けを含め、今少しの配慮がほしいかなと思います。

せっかく良いお店を構えたのになぁ。
ハンパな価格の貧弱メニュー、セルフ注文、イオンの2階のようなBGM等、諸々ハンパで噛み合ってない気もしますね。

デパート族のジジババを狙ったお高い路線で統一すれば良かった気もするんだけど、調理スペースも十分じゃないみたいだし、この先大きくはステップアップせんだろうな。

ただ、新駅は連絡通路も含め、殺風景でどうしようもなかったので、こうしたスペースが出来たのは嬉しいです。

カスタムフィールド
レクタン大
レクタン大