横浜駅の「龍味」で鉄板やきそば、餃子

スポンサーリンク

今はエキニア横浜っていうビルなのか?

有隣堂文具館を踏み越えた奥地に存在する西区の魔中華。

東洋のサグラダファミリアといわれる横浜駅・・・

ビッグステーションだけあって、
飲食店も星の数ほどひしめいているのですが、
じゃあ、どこで飯を食いたいんだと問われると、
何も浮かばない、特にめぼしいお店があるわけでない、不毛のエリア。

こちらはそんな隠れ飲食砂漠のオアシスとして、
どんな時間でもお客さんで賑わっている印象です。

お店は小さいのですが、厨房の人数は多く配されており、
にわかに目を疑うような安値のメニューをガンガン回転させて、お客をさばいていく系。

今回は気になっていた鉄板焼きそばをいただきました。

看板メニューの焼きそばはいわゆる横浜チャーメンなのに対し、
こちらはソース焼きそば。

普通に中華鍋で作っており
調理過程に鉄板の気配すら感じない謎ネーミングなんですが、
夜店のああいう感じをイメージしているんでしょうかね。

全体的にウェットな仕上がりで
同じ焼きそばでもこちらは蒸し麺ぽい細麺を使っており、
ややボソで、やや千切れ気味で食べにくくあります。

うん、普通の焼きそばの方が旨いです。

でも、この駅チカの立地で、この値段で出てくるのは貴重!

サックリと焼かれた餃子はサイコーの出来!

中華屋の餃子の完成型といってもイイよね。
あんまり下品に振れないとこが、気に入っています。

なにより、何ら悩むこと無くサイド注文できるこの値段ですよ。

イイお店だよね。

コメント一覧

  1. 昔は、各高校の運動部の奴らが、店の外にスポーツバッグおん投げて、柳•コーテル•炒飯とかかっ込んで…パイコー麺•飯とか頼む同級生には「おめー、今日はリッチだな!」って、そんなビーパップな風景でした。
    この環境で育った僕は『炒飯+餃子で1,000円オーバー』なんて店、今だに許せなくてね^^;

    またまた昔ばなしですが、「鉄板」はもっと黒かったんじゃないかな?それと餃子、羽根付き風だった様な気が…

    ま、味•メニュー•価格、色んな意味で、僕にとってのデフォルト街中華屋、ってとこです。

  2. 道に迷いまくりながらも、お店を発見したら、お客さんの多さにびっくりしました。
    安くて美味しいですからね。いいお店ですよね~。

  3. >西横ドランカーさん
    客層はだいぶ高齢化してきたのかな。
    ちょろっと焼くのも面倒でしょうが、
    餃子が麺飯と変わらん値段になっちゃうと、
    なんか違和感は感じますね。

  4. >Caさん
    せいぜい文具館止まりですよね。
    通の集う店ってことなのかな。

  5. 久しく行ってないので、懐かしかった(笑)
    餃子は安くて美味しいし、餃子は冷凍だったと思うけど買って帰って家でも食べてましたよ。

  6. >どらさん
    なるほど、持帰りか~
    でも、包んでもらってる間に焼きたてを一皿頼んじゃうかも。

タイトルとURLをコピーしました