スポンサーリンク

横浜高島屋の「レクレール・ドゥ・ジェニ」でキャラメル・ブール・サレ

食品街に入ったパリのパティスリー。
「フォション」のデザインエクレアを作った人のお店なんだって。

シュークリームの亜流として、
地味な位置に甘んじていたエクレアを、
一躍、花形に押し上げた人だよね。

チョコや焼き菓子も扱っていたけど、
主力商品はやはりエクレアです。

エクレアといっても見た目も味も多種多様。
もちろん世の中には様々なお菓子があるわけですが、
あえてフォーマットを固定することで表現する創造性もありますな。

左からキャラメル・ブール・サレ、パッション、タタン、カスクルート。

カラフルでスタイリッシュな「フォション」のそれより、
やや丸みがあって素朴。

リアルなパリのお菓子っぽいルックスかな。
もちろん、パリには行ったこともないし、見たこともないけどさ!

お味も単純でなく、二重、三重に重なって、調和して
非常に美味しいと思います。

つまんで食べやすいしね。
お土産にも喜ばれそうです。

こりゃ良い店が入りましたわ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました