横浜そごうの「ディーン&デルーカ」でシュトーレン

地階に入るNY発のデリカテッセン。

こちらでクリスマス前にシュトーレンを買っていたのでした。

ちなみに皆さんはシュトーレンてどうなのよ?

本来は味わいの変化を楽しみながら、ちびちび食べるもんだって聞くけどさ。
うちなんか開けたらせいぜい2日しかもたないから、変化なんて感じたこと無いよ!!!

なんなの?神は私らの自制心を試してるの??

包装紙のオサレ感で選んだのではありません。
渋皮栗が入ってるって書いてあったから!栗大好き~!

作っているのは「TAKIBI BAKERY」という実店舗を持たないお店みたい。

その割にいろんな通販でひっかかるので、秋の声を聞いてからはひたすらシュトーレンを仕込む日々なんじゃないかと心配しちゃいます。

具はチャンクな栗とラム漬けのドライフルーツやナッツ等。
当日ギリギリまで寝かせたので、比較的シットリ馴染んでいますが、フルーツ分は多くはないので、ぽっそりとした独特な生地の食感も残っています。

お味は・・・シュトーレンて感じ?
もちろん粉糖の強い甘みはありますが、比較的穏やかなお味なので厚めに切ってもイケそうです。

栗入りはちょっとうれしいけど、ぶっちゃけ栗から味は出ないので別でも良いかなという気もする。

レクタン大