ジョイナスの「横濱 一品香」で絶品タンメン

地下鉄の出口近くにある横浜ローカルな中華チェーンであります。

”元祖 横濱タンメン”を謳うお店。

つか、タンメン全体の元祖として語られることが多かったお店でありますが、あえて”横濱”をかませることで、あやしい発祥論争の保険としているわけですね。わかったか、ニューグランド!

ただ「タンメンといえば一品香」という市民も一定数存在するくらい知名度が高いお店です。

先ごろ、最も古かった福富店が閉店してしまいましたが、旗艦店と呼べるのはむしろ、このジョイナス店の方かもしれません。

中年より上の世代を中心に、いつ覗いても混み合っている印象がありますね。

ちなみにこのお店、いつの間にか新業態「タンメンワールド」としてリニューアルしていたらしいのですが、大部分のお客さんは何も気がついてないと思います!

ここへ来たならやはりこれ。
自ら”絶品”と名乗ってしまうタンメンを避けては通れないでしょう。

野菜高騰の折、なんとなく具材の盛りが軽いかなと思いますが、あっさりと食べやすい味わい。何よりニンニクのゲスみが抜かれている点が、駅ビル向きのチューンかなと思います。

また、入って右手にイマイチ稼働してないような点心コーナーが設置されているのも特徴です。

このため麺セットにはちまきや焼売のような蒸し物が付き、変わったせいろ御飯が用意されているのも面白いです。季節の創作たんめん等と併せて、創作中華っぽさを模索している部分なのでしょう。

今回は二種海鮮、チーズ、チリソースのせいろご飯をつけてみました。

まぁ、いうなればドリアですよ!
特に旨くもないわけですが、蒸籠は蒸したてのアッツアツで、ハフハフいただく醍醐味があります。できれば、もち米になるとさらに良いかなとは思います。

ただ、こういうチャレンジは良いです。