横浜・南幸の「蒙古タンメン中本」で半味噌タンメン&半蒙古丼

西口のベネチアばりに水没するエリアにできた辛いラーメン店。

たしか、何年か前にも横浜出店の噂があったんじゃなかったろうか?
ファンにとっては待ちに待った開店となりましたね。

しかし、こんなに混むのかって、ちょっとビックリしてるのよ。
すでに首都圏には多くの支店があって、殊更珍しい存在ではなくなっているはずなのに、週末なんかは行列ができるほどの人気ぶりが続いています。

今回は半丼&半ラーのセットを頼んでみました。
ボリュームはそれぞれ本当のハーフサイズです。

蒙古丼は看板メニューの蒙古タンメンの飯バージョン。
クッタクタに煮た味噌味の野菜と、奴らが麻婆豆腐と言い張るクソ辛いにんにく唐辛子餡を白米にぶっかけたものであります。

お味はまぁ見たとおりで、飯は間違いなく進みますよ。辛いから!!
もうね、鼻水たれちゃう。

麺は味噌タンメン。
麻婆の乗らない、中本のベーシックとなるタンメンです。

この時点ですでにピリ辛ニンニク味噌味。
まぁ、なんというか、田舎道でトラッカーが喜んで食いそうなテイストです。

改めて思うのは、決して洗練されたお味じゃないってことなのよ。
味噌やニンニクという安易に、辛味のバイオレンス。

味わうというよりは、口内や胃に経験が刻まれる系の食べ物なんだよな。

レクタン大