横浜駅の「玉泉亭」でサンマーメン

ポルタにある中華麺食堂。

”サンマーメンの発祥”をうたっているお店ですが、もはやそれに食いつく人は少なくなっているかもね。

本店は伊勢佐木町ですっかりくたびれておりますので、グループとしてはここの稼ぎで食っているのではないかと推察されます。

ただ、お店は小さいので、ひたすら回転重視。

入ってすぐのレジで迷う間もなく注文&会計。席は相席上等でガンガン詰めますし、メニューも本店とは違って、お料理は野菜炒めくらいなもの。ほぼ麺に特化した簡易版です。

気弱でペラペラなラーメン。

具はネギだけかと思いきや、細切りのチャーシューが沈んでいます。

横浜ご当地麺のもう一角であるタンメン。

あっさりすぎる塩スープも物足りませんが、湯で時間短縮のためなのか、あろうことか、タンメンにも細麺が使われていてイマイチです。

真打ちのサンマーメンでやっと落ち着けます。

ご覧の通り、具は貧弱でありますが、このメニューに関してはやはり看板だけあって、一定の満足度があると思います。

醤油スープの茶色と餡の白のコントラストが良いよね。
ぶっちゃけ、ベースが弱いので、サンマーや広東、海老そばなど餡を乗せるメニューで、初めて一人前になるとこがあるのです。

ちなみに一風堂は並んでても、こっちは比較的すっと入れますよ。