ルミネ横浜の「ハーブス」でミルクレープ

スポンサーリンク

ルミネの一階に入るカフェ。

元々は名古屋のお店なんだってね。

主力のミルクレープについては、 本家たる「ドゥリエール」がポシャった今では、こちらのそれをイメージする人も多いんじゃないかな。

首都圏でも、百貨店やら今風の商業施設やらで、フツーに見かける気がする「ハーブス」です。

もちろん、私の視界にも入っていたわけですが、こちとら、ルミネ女子じゃね―し、デオコオッサンだし!  全く縁もゆかりも無くってさ。今回、はじめて入ったのですよ。

ルミネの奥の方にあるこちらのお店は、それほど広い空間ではありませんが、ゆったり上品なティールームの雰囲気です。

でもね、メニュー見てたまげたね。

あのケーキ、ラデュレより高ぇのかよ!! そしてポットサービスとはいえ、ドリンクだって、相応にしやがる!! 小綺麗なイタトマ的に甘く考えていたから、ビックリしたわ。

なのに、店内はフツーに若い女子たちで賑わってて! お前らの財布はすげーなって思ったよ。

キモはティールームのちょっと上質な雰囲気と、ケーキのばかデカさだと思います。

仕事帰りや、休日のショッピングの折、たまの贅沢として、たっぷりケーキを食べたいよぉって、女子のためのお店なのでしょうね。

デカイ分、お味は控えめなのですが、あんまり身体に悪い感じを残さず、このサイズをぺろり食わせてしまうバランス感覚があって、単に量を食わせるだけのお店では無いのも分かります。

でも、この価格が、ルミネの客層とマッチしてしまう点、やっぱ首都圏の経済は一味違うのかな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました