横浜駅の「成城石井」でバスクチーズケーキ

スポンサーリンク

ルミネの地下に入る意識高めなスーパーマーケット。

世界を股にかけるバイヤーの目利きや、自社のセントラルキッチンで製造されるオリジナル商品の開発力などが話題となり、近年、メディアなどで取り上げられることが多いですよね。

私はデパ地下が大好きなので、横浜駅に出るとそごうも高島屋もひっくるめて、舐めるように廻ってくるのですが、結局、買うものは決まりきっており、いい加減マンネリになっているわけです。

そんな時にちょこっと寄ってみると新鮮だなぁと感じられるんだよね。

たしかに、オリジナルのスイーツ類は力が入ってきており、扱うスペースも広くなっていますよね。カップ型など、持ち運びしやすい形態のものが和洋色々揃っているのも嬉しいところです。

お味に関しては、コンビニのそれよか、上品で控えめな印象です。なるほど、この加減が世田谷っぽさかなと思えるもの。

ただ、本場のお味だったり、専門店に近い高級路線というよか、コンビニスイーツをさらにOL向けにしたようなテイストで、派手に持ち上げるほどでもないのかなとも感じます。

逆に言えば、全国展開のコンビニ商品の水準が、かなり上がってきてるってことでもあるから、成城の香りが届かない地方の糖分中毒にも良い時代になっていると感じますよ。

糖分や油分を程よくチャラにしてくれる薬、開発されねぇかなぁ~

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました