シアル横浜の「カフェ・ド・ボワイヤージュ」で窯出し塩キャラメルパイカスター

スポンサーリンク

B1Fに入るパティスリーカフェ。

「ガトー・ド・ボワイヤージュ」のお店です。

シアル横浜は、地元発のブランドを多く誘致してくれた点がうれしいところ。

こちらも馬車道に本店があるお菓子屋さんです。

歴史はそれほど古くはないのですが、おそらく「ブールミッシュ」からの独立というか、親戚店というか、そういう位置づけになるのかなと思います。同じ福浦の工場で作ってるみたいだしね。

首都圏を中心としたデパートやショッピングモールへの出店の中で、数席の規模とはいえ、イートインできるお店は見た覚えがないので、ここは珍しいと思いますよ。

ドリンクとともに店頭のお菓子やクリミアをいただけます。

看板のパイカスターですね。

パイ生地の座布団の上にシューを乗せて焼き、クリームをはみ出し注入したもの。

通常のシュークリームとは違ったパリサクな食感がウリとなりますが、実際に買って帰るころにはパイやシューはややしんなりしちゃうから、いうほどでもなく、食感的には砂糖がけした蓋が支える感じです。

ただ、クリームも濃厚ですし、食べごたえは十二分にあるんだよね。今回は限定品なのかな? 塩キャラメル味のカスタードになってて、さらにデブ好みのお味になりました。

コーヒーは機械で入れたものですが、かなり酸っぱかったな。

この日は「とらや」も「ブルーボトル」も行列だったので地下まで逃げてきたわけですが、慢性的な喫茶不足であった横浜駅に、お茶処の選択肢がかなり増えたのも良かったなと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました