横浜高島屋の「鎌倉ニュージャーマン」でかまくらミニ

スポンサーリンク

県民の皆さんにはおなじみの、かまくらカスターのお店。

鎌倉の街は、近年のブームでギュウギュウに混雑していたわけですが、どのお店もおしなべて好景気なわけではなかったようです。

駅の真ん前に本店を有するこちらの経営もだいぶしんどくなっていたらしく、先ごろ「モロゾフ」が支援する形でリニューアルされたばかりです。

リンドウの花などをシンボルにデザイン関連が一新され、だいぶ垢抜けたイメージになりましたよね!

久々にいただきました、かまくらカスターはほんわり柔らか。

個人的には、カスタードの滑らかさ、皮の口残りの部分でもう一つだなと感じるようになっており、この商品についてはリニューアル後もあんまり変化は感じられません。 

「六花亭」のシーフォームケーキのほうが・・・ゲフゲフン

かまくらカスタープリンは、カスタードを看板にするお店としては必然の新商品でしょうか。トロリとして、卵風味もよく、和三盆を使ったカラメルも上品で悪くないです。

ただ、ガラス瓶に強粘着シールをベッタリ貼ってしまうのは勘弁よ。このサイズ、ちょっとしたものに使えそうだから(主婦感覚)

別の日に買ったかまくらミニは、サイズが小さいだけでなく、日持ちがするタイプの新商品です。

中身の偽クリームっぽさが、ある意味昭和っぽいのですが、ケーキ皮の部分はネッチリ甘く、嫌いじゃないお味です。どことなく、アメリカあたりの腐らないお菓子を彷彿とさせます。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました