横浜高島屋の「Foodies’Port」で天むす

スポンサーリンク

横浜駅で買ってくるお弁当といえば、シウマイか、勝烈か、デパ寿司というローテから、なかなか抜け出せずにいる私です。

高島屋地下のお弁当事情は、そごうよか粒選りのお店が並んでいるのだけど、選択肢はあまり多くありませんでしたよね。

改装等を契機に、最近は面白い動きもみえるようになっています。「御座候」の向側にあるコーナーはまだまだ控えめな規模ではありますが、高島屋の内外から集めたお弁当やお惣菜パックをならべ、マンネリに一石投じてくれる存在になりつつあります。

この日は、分厚く柔らかなかつをしっとりパンで挟んだ「かつ久無庵」のカツサンドも見えましたよ。

ちなみに我が家には天むす好きがおりまして、たまにリクエストされるのですが、新横の「地雷也」が撤退して以降は、市内には常設店舗も思い浮かばず、すっかり天むす難民なのよ。

唯一の寄る辺が、新幹線のお供でもある「すえひろ」の天むす。そごうの「ザ・ガーデン」のお弁当コーナーにもチラリ並んでいることがありますね。ちなみに中京ではなく、大阪のお店なんだってさ。

確かに東京駅における駅弁の商いとは比べものにならないのかもしれませんが、パンを集めたベーカリースクエアのように、横浜にもとりどりのお弁当を集めたスペースがあっても面白いんじゃないかと思うのです。

せめて「東華軒」「大船軒」はなんとか連れてきてくれないものか。「うお時」はマークイズで懲りてしまったのだろうか。もったいないよな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました