横浜駅の「龍味」でやきそば

有隣堂の文具館の更に先。
東洋ビル地下の飲食街にある中華屋さん。

私、長らくこのお店と「龍王」と区別付いてなかったみたい。
だって、似てるよな!キャラ的にさ!

ずっと入ろうとは思っていたんだけど、
横浜駅の店をわざわざ下調べして出かけねーじゃん。

うろ覚えで、たしかこの辺だったよなとか、
「紀文寿司」のあたりを何年もさまよっていた次第・・・

やっとたどり着いた。

つーか、なんなんだよ、この濃~い飲食エリアは!
横浜にこんな場所があったのかよ!そりゃ迷うわ!

いかにも横浜らしいタンメン餃子系中華店。

この日は夕方のかなりハンパな時間だったのだけど、
お店はぎゅうぎゅうの満員御礼でびっくりしたわ!

客足も全く途切れないようだし、すげーよな!

こんな狭いお店なのに、厨房にも多くのコックさんが詰めていて、
バカバカと注文をさばいていきます。

メニューには定番の中華麺飯が、
駅店とは思えない安価で並んでるわけ。

きっと、そのあたりが人気の理由なんだろうな。

さて、何はなくともチャーメンでしょう!

メニューには焼きそばって書いてあるのに
やはり「チャーメン、イーガー!」とか言っちゃってますよ。

オメェら、あらかた日本人じゃんか!
とか、ついついツッコミたくもなりますが、
そういう独特な文化が、代えがたいお店の”味”となるわけです。

ぶっとい麺はほぼウドン。
それをケミカル塩味でグダっと炒めた一品!

安価にあわせ、具は少なめで、ボリュームもそこそこかな。
おやつにちょうど良い感じです。

予想よりパンチ弱めな仕上がりですが、
やっぱ客層がジジババ中心だからなのかな?

ただ、チャーメンとしてのそれっぽさは十分楽しめます。

餃子も頼みました。
これも安いよね!

やはり、横浜の繁華街に立地するだけあって、
荒ぶるニンニクにすべてを託すような無謀はしてませんが、
いかにも中華屋らしい餃子ですわ。

たっぷりと食べごたえがあって、イイんじゃね?

次はソース味の鉄板焼きそば食~べよ!