横浜高島屋の「仙太郎」でちまき

スポンサーリンク

地下食品街で行列している京都のお菓子屋さん。

唐突な白味噌おはぎで、すみません。

仙太郎は季節折々に扱う商品が変わり、中には数日限定販売のものもあるので、今年はまめに買いに行こうという抱負をたてていたのです。

んで、これが1月の写真。

次が5月・・・

ぜんぜん、寄れてないというね・・・・

ちまきです。

童謡にも歌われる端午の節句の定番菓子でありますけれど、京都ならともかく、文化のうっすい横浜の店頭では、ほぼほぼ廃れてしまっていますよね。今日び柱に傷つけたらママに殺されるしさ

某とらやのように、リスクを負わない半受注生産ではなく、仙太郎はちゃんと店頭に並べておいてくれるのがうれしいのよ。しかもお手頃価格でさ。

中身は基本の白色です。

お米の粉と砂糖を練ったものを笹にくるんで蒸し上げたもの。

むっちりな食感と上品な甘み、何より笹の爽やか香りが初夏の訪れを感じさせますよね。

おいしかったなぁ。

ついでに「サザエ」の柏餅が届いたので、それも貼っておきます。

ぶっちゃけスーパーで売ってそうな感じで、いまいちかな。

やはりサザエはおはぎ一択なのかもしれませんね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました