片倉町の「ホシノ」でハンバーグセット

大通り沿いにある洋食屋さん。

となりの星野精肉店がやっているお店みたい。

メタボリックにとって、肉屋直営料理店という設定は、
英国王室御用達と同じぐらいの権威で響いてくるわけよ!

肉屋もその息子もおそらくデブであろうというステレオタイプ!
根拠のないシンパシー!

まぁ、さておき、
車窓から見かけて、一度寄ってみなくてはと思っていたんだ。

お店は下町店らしい気さくな作り。
コック服のお父さんが非常に優しそうだったわ。

休日のこの日はお得なランチも無かったんだけど、
そこそこの客入りだったな。

グランドメニューの品数はごく定番に絞られているわ。

まずは共通のミニサラダ。

人参を摩り下ろしたような自家製ドレッシングがおいしい。

看板のハンバーグはおいしそうだよね。

牛というよりは合いびきの白っぽいパテで
ふわっと柔らかな焼き上がり。

デミソースも堅実な作りだわ。

ポークカツカレー。
黄色いカレーは王道っぽいお味。

カツは衣が薄く、カリッと軽い揚げ上がり。
豚は高座豚を使っているのかな?
ルーとの親和性は高い。

ただ、一皿のボリュームはやや軽め。

やはりオススメと書かれたビーフシチューは、
サシのそれほど多くないホロホロ系の仕上がり。

クリームコロッケとのハーフ盛りができたわ。

どれもほっとするおいしさで、真面目な作りだと思うのだけど、
気さくなお店と言うにはちょい値段が高いんだよね。

肉屋の店だから、むしろ安いだろうと思って入ると肩透かしかな。

素材が段違いって印象でもないので、
あと数百円でも落ちれば、おすすめできるんだけどなぁ。