高田の「大貴」で大貴チャーハン

スポンサーリンク

駅前の大通りにある中華屋さん。

ねこまんまさん、オススメありがとう!

はじめて降りた高田駅。

まぁ何もない・・・
トキメキの欠片も見つからないコンコースでしばし立ち尽くした後に、すぐ近くにあるこのお店に向かいました。

周囲はグリーンラインの開発もあって、着実に宅地化が進んでいる様子。
もっとも、自らツヅキネーゼを気取ってしまうような寒気には侵食されておらず、のどかな風景です。

どちらかというと農地よりは工業のイメージかな?
近年は工場跡地が大規模マンションになっていっているようですが、中小のものづくりはまだ残っているみたい。

そんな土地柄を反映してか、大通り沿いにはガテンな飲食店が点在していて、意外と面白くもありますよ。

この日は開店早々あっという間に満員に。
やはり男性客が多いのですが、ご近所の家族連れなども気さくに訪れており、支持されている感が伝わりますね。

ぼーっと店内の様子をみていると、お店のお父さんや兄貴が忙しく働きながらも、気のいい対応をしてるのよ、なるほど好かれるはずだなという印象です。

メニューは麺飯と定番中華の定食。
セットも半チャーハンじゃなくて、全チャーハン設定だったりするのが、メンズガチなところかな。

オススメの大貴チャーハンはいわゆる餡掛けチャーハン。

葉野菜を炒めた中華餡に、名物であろうぶっとい角煮と目玉焼きが乗ってしまうところが独特な面白さであり、垢抜けない高田らしさを体現しております。

チャーハンはごくごくシンプルで、餡の分、控えめ。
全般的に、ごくごくレギュラーな街の中華屋さんのお味だと思います。

その他、麻婆バージョンや海鮮ウマ煮を乗せたものもあり、手堅いのはそっちかも。

もちろん、遠くからアクセスする感じではないのですが、
地元にとってはかけがえのない存在なんじゃないかなと思いました。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました