蒔田の「太田楼」で五目焼きそば

駅の裏手にある中華屋さん。

古くからやっているお店なんだって。

昨今、町の中華屋を取り巻く環境は厳しくなっており、
昔からのお店もどんどん閉店していくよね。

でも、ここはそんな世相に豪快ドロップキック!

ちょい前に改装して、すっかり綺麗になったんだよ。
一歩、攻めたなって感じ!この蒔田で!

でも、同時に無謀じゃね?とも思うわけさ。

ところがぎっちょん。
この日は休日の夕方、まだ夕飯には早いタイミングだったにも関わらず、
宴会やら、ちょいと一杯飲みやら、ご家族のお食事やらで、
店内はほぼ満席でびっくらこいたわ!

廃業どころか、立派に活きたお店じゃん!
蒔田の市場、侮るべからず!

店内も綺麗で明るい環境だし、厨房も活気あり。
お姉さんの接客も優しくて感じがよかったよ。

メニューは麺飯、定食を中心に、
定番お料理もいただけるスタイル。

値段も手頃かな。

店頭にはためくノボリでも推されていた五目焼きそばは、
かまぼこや卵焼きを散らす昭和ゴージャスなスタイルでやってきましたよ。

揚げ麺は都度揚げているのか?
そのごま油の匂いなのか、初口はちょっとモワッた感じ。

でも、そんな匂いなんかはともかくとして、
目玉焼きが完全堅焼きなのは、黄身スキー的に看過できないポイント!

これが半熟ならば、だいぶ印象が変わったのになって思う。
え?違う?そんなとこはポイントじゃないの?

もっとも、お味はまぁ普通にいただけたよ。

具ではがっしりみっしりと噛みごたえのある焼豚が良かったな。
でも、揚げより炒めの焼きそばの方がよく馴染むのかもしれないね。

隣が食ってたレバニラ定食がウマそうだったわ。