横浜駅

スポンサーリンク
横浜そごう

横浜そごうの「かながわ屋」で湘南のかほり

地下食品街に入る神奈川県のアンテナショップ。 以前はシルクセンターに入っていたお店ですが、こっちに移転して良かったわ。 たまに面白い出張販売が来ているし、我が家ではもっぱら産直野菜を調達する場として活用しておりますよ。 ...
0
東口

横浜駅の「崎陽軒」で勝!わっぱで突破めし

「崎陽軒」の期間限定弁当が気になりました。 時節柄、受験生のお供的なイメージで作られたものでしょう。 ”とんかつ”食って試験に”勝つ”という験担ぎは、いまさら古雑巾の如きベタでありますが、”わっぱ”で”突破”という、も...
2
西口

ヨドバシ横浜の「ザ・ロイヤル」でネパールタリセット

地下レストラン街の新顔です。 少しずつ、テナントの新陳代謝を行っているヨドバシの地下。 ここにインド料理店が入るのは全く意外ではありませんが、バターチキンやチーズナンを主力に置くありがちメニューの中に、それっぽいネパー...
2
スポンサーリンク
ニュウマン&シァル

シァル横浜の「濱田家」で濱田家のお赤飯弁当

地下2階に入ったお弁当屋さん。 元は茅ヶ崎で仕出しをやっていた古いお店みたいです。 ちょっと前に、どこぞの飲食企業がのれんを受け継いだようなニュースがあり、その後、積極的に店舗を拡大している様子よ。 お弁当は天ぷ...
2
横浜高島屋

横浜高島屋の「たねや」で栗子みち、栗月下

地下食品街に入る滋賀の和菓子屋さん。 栗の和菓子というと、クチナシ色のシロップ煮をボコボコと乗せときゃいい安易な時代もありましたが、近年では和栗の魅力も注目され、栗本来の風味や素朴な味わいを楽しむお菓子を目にする機会も増えて...
0
東口

横浜駅の「崎陽軒」で開運祈願ご利益ぎゅう牛御膳と例のアレ

「崎陽軒」が一般家庭にまでお弁当の小口配送をしてくれるようになったのをご存知でしょうか? コロナ受注減に対する苦肉の策だったのでしょうが、市内在住ならば下手なウーバーを頼むよか、よっぽどお得な条件で宅配してもらえるのに、利用者の姿は...
2
横浜高島屋

横浜高島屋の「仙太郎」でとらふ、初夢なすび、相生の松

地下食品街の人気店。 今回は迎春の生菓子を買ってきました。 こちらのお店は立ち寄る度、店頭に並ぶ品が違っているのが楽しいところ。 中には数日しか扱わない商品もあって、この煤けた横浜駅において、季節や祭事を感じさせ...
2
スポンサーリンク
ジョイナス

ジョイナスの「崎陽軒プラスデリ」でシウマイしょうが焼弁当

横浜駅にある「崎陽軒」の売店。 お弁当の他にちょっとした惣菜も販売する新業態です。 シウマイ弁当だけを後生大事に守っていけばいいのか?  既存の殻を破らんとする気概も大事なのですが、本気でシウマイを凌駕する商品や...
4
西口

ヨドバシ横浜の「スパゲティーのパンチョ」で白ナポ

地下のレストラン街に入った炒めスパゲティ専門店。 出店、待ってました! 市内ではセンター北に「キッチンパンチョ」の業態で先行出店しておりましたが、ありもしないナポリタン食文化を売り出すヨコハマ中心部には、もっと早く出店...
10
横浜高島屋

横浜高島屋の「仙太郎」でご存じ最中

地下食品街に入る京都の行列店。 秋は栗蒸し羊羹の季節。すなわち「仙太郎」の季節なのであります。 素朴なほっこり加減を残す剥き栗の蒸羊羹もサイコーですが、大きな渋皮煮をゴロッゴロ乗せた渋皮むしもまた別の魅力がありますよね...
4
ジョイナス

横浜駅の「龍王」でニラレバ炒め定食

西口五番街にある大衆中華店。 「龍味」とならび、西口中華のダブルドラゴンと称されるっつーけど、ホントかよ?? ま、ま、どちらも安価に食えるお店なのは間違いありませんが、お料理は路線が違うというか、レール規格が異なる印象ですよね...
8
ジョイナス

ジョイナスの「フィオール・ディ・マーゾ」でスペック・ディ・アジアーゴ他

「Food & Time Isetan」にオープンしたイタリアチーズと生ハムのお店。 神楽坂にあった「八百屋瑞花」の系列店が、クタクタな青果をならべていた場所です。 なんでも、イタリアのヴェネト州にあるチーズメ...
0
東口

横浜駅の「崎陽軒」でハロウィン限定 黒炒飯弁当

コロナの影響により、地元のイベントや旅行が激減した関係で、大きくダメージを受けた「崎陽軒」でありますが、我が家的にはむしろ購入の機会が増しました。 外食できない分、お弁当をやっつけることが多くなり、デパ地下などで色々選んではみるもの...
4
ニュウマン&シァル

ニュウマン横浜の「台湾市」で鹹豆漿セット

先ごろ、横浜駅のニュウマンで台湾のグルメや雑貨が集まるイベントが行われました。 台湾ブームですし、注目していた女子共も多かったと思いますが、蓋を開けてみると物産展というにはささやかすぎる規模で、3Fのアトリウムにちっこい屋台がいくつ...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました